老後資金、いくら必要?

毎月25万円は必要

 総務省の「家計調査報告」によると、高齢夫婦世帯の平均的な支出額は毎月25万円となります。さらに、毎月5万円ほどの赤字が出ているという調査報告もあり、年金を基軸とした収入では賄えていないのが現状です。そうなると、不足額は貯金から切り崩していかなければならず、毎月5万円が貯金から消えていくことになります。今でこそ月間5万円ならばそこまで危険視するようなことでもない人も、満足に働けない老後においては致命的な金額となる可能性が高いのです。

充実した老後には更なるお金が必要

 総務相の調査である月間25万円の支出はあくまでも平均であり、居住環境や個人の健康状態、その他家族構成などを考慮するとさらに支出が増えることは十分に考えられます。また、老後の楽しみとして何か「趣味」を見つけることも充実した老後を過ごすのには必要ですが、それにも当然ながらお金が掛かります。使えるお金に余裕がある、寿命までのお金の心配がないというのは、老後を楽しく、そして安心して過ごすのに必要不可欠なのです。

老後収入の柱は「退職金」と「年金」

 高齢になると満足に働くことができず、給料を得ることは難しいです。老後の収入の柱となるのは「退職金」と「年金」です。退職金は企業の規模や勤続年数に応じて変動するので、あまり安定した収入であるとは言い切れません。同様に、財源確保の観点から年金にも不安が多く、実際に自分たちが年金を受け取る立場になった時に満足な金額が受け取れるという確実な保障はもはや無いといっても過言ではないでしょう。そうなると、老後の収入は計算以上に深刻になる可能性が高いのです。

「支出-収入」の差額を貯金する

 問題となるのは支出が収入を上回っていて、その分は貯金を切り崩さなければならないということです。その分の貯金は満足に働ける内に貯めておかなければなりません。ある試算では、老後資金として必要な金額を約1200万円であると計算しています。仮に毎月10万円の貯金ができれば10年で貯金が完了します。毎月5万円の貯金だと倍の20年かかりますから、早い段階で老後のための資金を蓄え始めなければならないということになります。
 老後に必要になるお金は多く、退職金の切り崩しと年金だけでは賄えていないのが現状です。その不足分は、満足に働ける間に貯めておくことが必要です。必要な金額はある程度は固定なので、貯金を始めるのが早いほど毎月の必要貯金額は少なくて済みます。早い内から計画して、確実に老後資金を確保しましょう。