結婚したとき(共働き)の保険選び・見直しのポイント

保険見直しの目的

 なぜ保険の見直しが必要なのか、それは「配偶者」の存在があるからです。独身時代の保険は基本的に「自分に何かあった時のお金」を賄うための保険ですが、結婚した場合に自分に何かあれば、それが負担になるのは自分ではなく自分の配偶者になるのです。そうなると、相手に迷惑をかけないためには今まで加入していた保険では保障が不十分であり、いざという時に配偶者に過度な負担をかけてしまう恐れもあります。そうならないために保険を見直す必要があるのです。

将来的なリスクも考慮する

 将来的に何かしらのリスクの発生が予想されるとき、その対策として保険に加入することも必要になります。しかし、健康上の理由によって保険に加入できないこともあり、早めに加入しておくことで毎月の保険料も少なくなります。特に結婚している場合だと保険未加入であることが自分だけでなく配偶者や子供にまで不利な状況を作り出してしまいます。そういったリスクを回避するため、結婚という機に現状だけでなく、将来的なリスクも考慮した保険の見直しが必要になります。

公的制度の不足額を補う保険選び

 では、どれくらいの保障があれば十分なのかという点については、保険だけでなく、公的な保障制度を一緒に考慮する必要があります。社会保障で受けられる保障には限度がありますが、これを無視するのではなく、まず社会保障で受給できる金額を前提に、それでは不足する金額分だけ民間の保険商品で補うという形をとるのです。そうすることで不要な保障を削減し、毎月の保険料を削減することができます。いざという時のお金のために、今の生活を困窮させる必要はないのです。

ライフスタイルに合わせて保険を見直す

 保険の見直しは、結婚後に一度だけ行っておけば良いというわけではないのです。まず、結婚した後にも子供が生まれることで家族構成は変化します。また、家族構成の変化に伴って居住環境の変化、子供の学費の工面など、必要になるお金は大きく変動します。そうなると、結婚時には夫婦2人分で考慮していた保険ではまたしても不十分になる可能性が極めて高いのです。ライフスタイルが大きく変化した時には、そのライフスタイルに合った保険を再び見直す必要があるのです。
 結婚という新しい生活の始まりをきっかけに、今まで加入していた保険では不足することが多く、それを補うためには保険を見直す必要があります。また、ライフスタイルの変化に伴い、その都度保険を見直すことが重要なことなのです。