早発閉経、早発卵巣不全<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 妊娠を希望する場合は、エストロゲンと黄体ホルモンを併用するホルモン療法、あるいはGnRHアゴニスト療法によって下垂体から分泌されるゴナドトロピン値を正常化させ、卵巣のゴナドトロピンへの反応性を高めた後に排卵誘発薬を使用します。自己免疫性疾患が関与していると考えられる症例では、副腎皮質ステロイドホルモンを使用しながら排卵誘発を試みます。これらの方法により、まれに排卵成功例がみられます。
 妊娠を希望しない場合は、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、性器萎縮(いしゅく)、脂質異常症(ししついじょうしょう)を予防するために、更年期障害に対するのと同様のホルモン補充療法(HRT)を行います。