鵞足炎(鵞足滑液包炎)<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 ランニング・ジャンプ・ステップ動作などに伴って、脛骨近位内側部に痛みが生じるようになります。通常は運動後に発症することが多く、徐々に進行して歩行や階段昇降に伴っての痛みが現れます。
 普段、スポーツをしていない人が急にランニングなどのスポーツを始めた場合やX脚、回内足などの下肢アライメント(骨や関節の並び方)の異常を伴う場合、骨端線閉鎖前の筋緊張の強い時期などに症状が強く出やすいとされています。鵞足の緊張が強い場合は、膝関節の完全伸展が困難となります。

鵞足炎(鵞足滑液包炎)<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 基本的にはアイシングとテーピングで練習は続けてもよいのですが、強い疼痛が出たらスポーツの中止を考えます。比較的短期間の安静で症状は軽快しますが、再燃のリスクが高いので、安静期間は長めにとることが必要です。
 装具治療としては足底板が有効です。本症が脛骨の外骨種に伴う場合には、外骨種の切除が行われます。
 ステロイド薬の局所注射の効果はありますが、スポーツ選手の場合はドーピング陽性や腱の断裂を生じやすいのですすめられません。