足関節滑液包炎<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 正座や足首の前の部分をこする動作で、足首の前に痛みが起こります。炎症が強く滑液がたくさんたまると、こぶのようにはれることもあります。

足関節滑液包炎<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 まずは、正座や足首の前の部分をこする動作を避けます。滑液がたまり、はれと痛みを生じている場合には、注射器で滑液を除去します。炎症が強い場合には、抗炎症薬であるステロイド薬の注射を行います。必要に応じてサポーターや包帯を用いて局所を圧迫します。
 このような治療を行っても症状が改善しない場合には、滑液包を切除する手術を行う場合もあります。