胎盤機能不全症候群<子どもの病気>の症状の現れ方

 低栄養のため、やせて細長い体型、しわしわの皮膚、皮膚の亀裂や表皮の剥離(はくり)、大人びた顔、長い髪の毛、長い爪などがみられます。また、低酸素のため、胎内で胎便を排泄していることがあり、羊水が胎便でにごっていることがあります。そのために皮膚や臍帯(さいたい)が黄緑色に着色していることがあります。多血症(たけつしょう)や低血糖がみられることもあります。

胎盤機能不全症候群<子どもの病気>の診断と治療の方法

 低血糖、多血症など、合併する症状に対して治療を行います。