過熟児とはどんな病気か

  • いわゆる胎盤(たいばん)機能不全症候群の症状が認められる新生児のことをいいます。
  • 現在は適切な表現ではないとされており、使用されません。
  • 過期産(かきさん)児(在胎42週以上で出生した児)と同じではありませんが、この胎盤機能不全症候群は過期産児によく認められます。

過熟児の原因は何か

  • 妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)、糖尿病、腎炎などの各種合併妊娠、過期産、胎盤形成不全などによる胎盤機能の低下が原因です。

過熟児の症状の現れ方

  • 皮膚が乾燥し、ひび割れ、しわが多い、全体にやせているなどの胎内栄養不全型の症状を示します。
  • また、胎便による羊水混濁(こんだく)、胎便による胎盤・臍帯(さいたい)の緑色の着色、さらに臍帯・皮膚・爪の黄染(おうせん)などの所見が認められます。
  • 以上の所見を過熟徴候といいます。

過熟児の検査と診断

  • 妊娠経過および新生児の臨床症状により診断します。

過熟児の治療方法

  • 低血糖、脱水、呼吸障害などの有無に注意が必要です。
  • 臨床症状が認められる場合は、保育器内に収容して輸液や酸素投与などの治療が必要です。