生理的黄疸<子どもの病気>の症状の現れ方

 ほとんどの新生児において生後2〜3日に皮膚が黄色に見えるようになり、生後4〜5日でピークを迎え、生後1週間を過ぎると自然に消えていきます。

生理的黄疸<子どもの病気>の診断と治療の方法

 生理的なものであり通常は自然に治りますが、黄疸が高度な場合は光線療法という治療を行います。