新生児メレナとはどんな病気か

 新生時期にみられる吐血や下血などの消化管の出血のことです。これまでは、新生児メレナ=ビタミンK欠乏による新生児の出血性疾患のように思われていました。しかし、現在ではビタミンKの予防投与やさまざまな検査により、消化管出血の原因は多様であることがわかってきています。
 また、分娩時の母体血嚥下や授乳の際の乳頭周囲からの出血を飲み込んだために生じた吐血、下血が新生児メレナと間違えられることがありますが、これは仮性(かせい)メレナとして区別しています。

原因となる疾患

 ビタミンK欠乏などの出血傾向があるために発症する場合(新生児出血傾向)と、消化管に何らかの異常(粘膜の炎症、びらん、潰瘍、壊死(えし))があるために発症する場合とがあります。消化管の異常としては、食道炎、出血性胃炎、急性胃粘膜病変胃潰瘍、胃穿孔(せんこう)、十二指腸潰瘍腸重積症、腸回転異常症に伴う中腸軸捻転(ねんてん)、壊死性(えしせい)腸炎、細菌性腸炎、ミルクアレルギー、メッケル憩室(けいしつ)、鼠径(そけい)ヘルニア嵌頓(かんとん)などがあります。

検査と診断

 アプト試験(仮性メレナと区別する試験)、血液検査(貧血、血小板減少の有無)、肝機能異常の有無、出血傾向の有無、便培養(細菌性腸炎の有無)、X線検査、上部消化管造影、注腸造影、内視鏡・腹腔鏡検査などにより総合的に診断、重症度の評価を行います。

治療の方法

 ビタミンK補充、新鮮凍結血漿(けっしょう)輸血、血小板輸血、胃洗浄、制酸薬、胃粘膜保護薬、ヒスタミンH2受容体拮抗薬(じゅようたいきっこうやく)(いわゆる潰瘍の薬でタガメットやガスターなど)、高圧注腸、外科的手術(24時間以内に循環血液量の60%以上の出血が続く時や軸捻転、嵌頓の時)などがあります。