先天性食道閉鎖<子どもの病気>の症状の現れ方

 羊水過多(ようすいかた)や胎児エコー(超音波)上、胃が小さいことから出生前に診断される場合もあります。出生後の症状としては、泡沫状唾液の嘔吐や気道閉塞によるチアノーゼが認められます。

先天性食道閉鎖<子どもの病気>の診断と治療の方法

 Gross C型では、唾液の誤嚥(ごえん)、気管食道瘻による肺炎、腹部膨満(ぼうまん)が問題になります。上体を起こし、食道の上端部へ吸引チューブを挿入して間欠(または持続)吸引を行い、肺炎の治療を行います。根本的な治療法は手術であり、心奇形と出生体重によりリスクを分類し、一期的に根治手術を行うか、分割手術(胃瘻(いろう)の造設のみ行い、時期をずらして根治手術へ)を行うか決定します。術後は縫合不全や食道狭窄(きょうさく)などに注意が必要です。