心因性頻尿<子どもの病気>の症状の現れ方

 尿意が起こるために、頻繁にトイレに行く状態です。学校でも症状が現れる場合は不登校になることもあります。

心因性頻尿<子どもの病気>の診断と治療の方法

 心気症に準じます。強迫性(きょうはくせい)障害とも重複するため、年長児の場合にはフルボキサミン(ルボックス、デプロメール)やパロキセチン(パキシル)などの選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を使うこともあります。予後は一般的に悪くはありません。