躁うつ病(気分障害)とはどんな病気か

  • 気分(心のエネルギー)が高まったり(躁病)、下がったり(うつ病)する病気です。
  • 統合失調症(とうごうしっちょうしょう)とともに、内因性(ないいんせい)精神病のなかの重要な位置を占めています。
  • 子どもの場合は10歳前後からその存在が確認されていますが、それ以前の時期についてはその存在の有無についてさえわかっていません。

躁うつ病(気分障害)の原因は何か

  • 統合失調症と同様に遺伝子から環境因子まで多くの因子が複雑に絡み合って発症するといわれています。
  • 原因は不明です。

躁うつ病(気分障害)の症状の現れ方

  • うつ病では14〜15歳以前は、頭痛、腹部不快感、食欲不振、全身の倦怠感(けんたいかん)、めまい、四肢の痛み、睡眠障害などの身体症状や、考えがまとまらない、考えたり体を動かすことが面倒などの制止と呼ばれる症状、不安・焦燥が中心になります。
  • “憂うつ、気分が重い”などの抑うつ気分を訴えることはまれです。
  • しかし14〜15歳以後からは以上の症状に加えて抑うつ気分を言葉にして訴えるようになります。
  • そのほか、多くの場合で不登校が認められます。
  • うつ病による不登校は、週末や夕方には元気になることが多い神経症的な不登校とは違い、一生懸命に登校した週末のほうがエネルギーを使い果たして元気がなくなるなどの特徴をもっています。
  • 躁病では、自分が偉大な人物であると確信する誇大妄想(こだいもうそう)や爽快気分(そうかいきぶん)など大人の躁病に近い病態を示すのは14〜15歳を過ぎてからであり、それまでは怒りっぽい、焦燥、注意力散漫、睡眠障害などが目立ちます。
  • 子どもでは、うつ病と躁病の期間が数日から数週間と短いことが多く、またそれがしばしば繰り返されることが多いという特徴があります。

躁うつ病(気分障害)の検査と診断

  • うつ病では念のため甲状腺ホルモンの検査をすることが一般的ですが、心理検査は症状の経過をみて適当な時期に行います。

躁うつ病(気分障害)の治療方法

  • 薬物療法が主になりますが、うつ病では従来の三環系の抗うつ薬に代わって、副作用がより少ない選択的セロトニン再取り込み阻害薬であるフルボキサミン(デプロメール、ルボックス)、セルトラリン(ジェイゾロフト)や、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬であるミルナシプラン(トレドミン)が第一選択薬として用いられています。
  • 躁病では鎮静を目的に抗精神病薬が用いられます。
  • 躁とうつの予防のためにはリチウム(リーマス)、カルバマゼピン(テグレトール)、バルプロ酸(デパケン)などが使われます。
  • うつ病では薬物療法に加えて、学校を休ませて休養をとらせる、励まさないなどの配慮も必要になります。
  • 躁病では活動性が非常に強くなるので、外出や他人との接触を制限することが大切です。

躁うつ病(気分障害)に気づいたらどうする

  • 子どもの躁うつ病は、のちに統合失調症などへ診断が変更になることもあり、慎重に経過を追う必要があります。
  • 専門医(児童精神科医)とよく相談して治療を進めていってください。
躁うつ病(気分障害、双極性障害)

近年、ニュースでもよく取り上げられるようになってきたうつ病。厚生労働省の患者調査によると、日本の気分障害患者数は1996年には43.3万人、1999年は44.1万人と横ばいでしたが、2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には、104.1万人と、右肩上がりに増加しています。うつ病はとても身近な病気になっているのを誰もが感じているのではないでしょうか。