肺炎<子どもの病気>の症状の現れ方

 肺炎は肺の局所症状ばかりでなく、併発する上・下気道感染症状と重なることが多く、全身症状として発熱、悪寒(おかん)、頭痛、関節痛などがあり、呼吸器症状として、咳(せき)、痰、胸痛、呼吸困難などがあります。肺の下部の肺炎では腹痛などの消化器症状を伴うこともあります。
 また、1〜5歳未満の幼児では、多呼吸が細菌性肺炎を疑わせるよい指標であるとの報告があります。

肺炎<子どもの病気>の診断と治療の方法

 肺炎があっても、外来での治療は可能ですが、発熱が持続し、咳が強く水分も十分にとれないなど、全身状態が不良な場合には入院治療が必要となります。細菌培養の結果はすぐには判明しないため、胸部X線写真や血液検査の結果から、細菌かウイルスかマイコプラズマかを推定し、治療を開始します。
 細菌やマイコプラズマに対しては抗菌薬が使用され、とくにマイコプラズマではマクロライド系の抗菌薬が使用されます。ウイルス性では、インフルエンザウイルスなど一部のものには有効な抗ウイルス薬が使用されますが、それら以外には有効な薬剤がなく、使用されません。
 そのほか、気管支を拡張する気管支拡張薬や、痰を切りやすくする去痰薬(きょたんやく)が使用されます。