睡眠時無呼吸といびき<子どもの病気>の症状の現れ方

 閉塞型でみられる症状は、慢性口呼吸やいびきです。いびきをかいている途中に急にいびきが聞こえなくなる場合には、無呼吸の状態を示します。睡眠時の無呼吸により睡眠が障害されるようになると、眠りが浅くなり、朝の寝起きが悪くなったり、昼間もぼーっとして集中力が低下したりします。

睡眠時無呼吸といびき<子どもの病気>の診断と治療の方法

 前記の検査で、睡眠時無呼吸が口蓋扁桃やアデノイドの肥大によるものと判断される時には、手術による扁桃やアデノイドの摘出が考慮されます。ただし、もともと扁桃やアデノイドは3〜6歳にかけて大きくなり、その後縮小するので、現在の重症度と年齢から予想される今後の推移を考慮したうえで、手術するかどうか決定されます。
 また、肥満は閉塞型睡眠時無呼吸の危険因子ですので、肥満傾向がある場合には減量がすすめられます。
 手術適応がない場合には、小児に対してもnasal CPAP(continuous positive airway pressure: 経鼻的持続的陽圧呼吸(けいびてきじぞくてきようあつこきゅう))を用いた管理が行われるようになってきています。