大動脈弁狭窄<子どもの病気>の症状の現れ方

 軽症の場合は無症状です。検診の際に心雑音で気づかれます。中等症以上では心不全症状が認められます。
 新生児期の場合はミルクの飲みが悪い、多呼吸、汗が多いといった症状がみられ、乳児期ではさらに体重の増えが悪いことがあります。幼児期では疲れやすい、息切れ、動悸(どうき)がするといった症状が認められます。学童期から成人では胸痛、失神、不整脈に加え、突然死する場合もあります。

大動脈弁狭窄<子どもの病気>の診断と治療の方法

 軽症の場合は、経過をみることもありますが、基本的に手術が治療の中心になります。新生児期の重症例では手術が困難で、カテーテル治療が選択されることがありますが、カテーテル治療も負担となることがあり、再び狭くなったり、大動脈弁閉鎖不全(へいさふぜん)を起こすことがあります。
 手術でくっついている弁交連を切開する方法(弁形成術)もあります。カテーテル治療や弁形成術だけで、手術が一生不要となることは少なく、最終的には人工弁に置き換える手術が選択されます。人工弁に置き換えた場合には、血栓症(けっせんしょう)を防ぐため抗凝固薬を内服する必要があります。
 幼少時に人工弁の手術を行った場合、人工弁は成長しないので、体が大きくなると入れ替えが必要になり何度も手術が必要です。また抗凝固薬のなかには胎児に悪影響を与えるものもあるため、妊娠する可能性のある女性にも人工弁は使いにくいです。
 最近では、自分の肺動脈弁を大動脈弁に置き換える手術(ロス手術)が行われるようになってきました。これは抗凝固薬を服用する必要がなく、弁が成長する可能性があることが大きな利点です。しかし人工弁置換手術に比べ難しく、肺動脈弁が正常であることが必要です。