処女膜閉鎖症とはどんな病気か



 図24の左のように、通常、処女膜は腟を完全にふさいでいるわけではなく、腟口部を取り囲むヒダ状のもので中央部は開いています。ところが、なかには処女膜が完全にふさがっているケースがあります(図24の右側)。これが処女膜閉鎖症です。
 原因は先天的な異常と考えられます。

症状の現れ方

 腟のなかに粘液がたまったり、子宮に液体がたまったりします。そのため下腹部痛を起こしたり、しこりを感じることがあります。18歳になっても初潮がみられない原発性無月経(げんぱつせいむげっけい)の原因になったり、思春期以降定期的に腹痛や腰痛を訴えたりします。また、膀胱刺激症状や排便痛を訴えることもあります。

検査と診断

 診察で処女膜閉鎖症が疑われたら、超音波検査やCT検査で腟や子宮に液体がたまっていないかどうかを検査します。

治療の方法

 処女膜を切って液体や月経血や粘液の通り道をつくります(処女膜切開術)。

処女膜閉鎖症に気づいたらどうする

 婦人科医に相談してください。

関連項目

 腟閉鎖症