フライバーグ病(第2ケーラー病)とはどんな病気か



 繰り返し圧迫力がかかることによって中足骨骨頭部(ちゅうそくこつこつとうぶ)(図35)への血行が一時的に障害されて生じる足部骨端症(そくぶこったんしょう)(無腐性壊死(むふせいえし))のひとつです。初期治療が大切で、早期より徹底した治療がなされなければ関節変形を来し、疼痛が残りやすいので注意が必要です。

症状の現れ方


(1)発病の経緯

 外傷に続発することもありますが原因不明のことが多い病気です。徐々に強くなる足前方の荷重時の痛みで始まります。
(2)年齢・性別・左右差
 好発年齢は12〜18歳で、女性は男性より3〜4倍ほど多く、両側例が10%程度にみられます。
(3)症状
 踏み返しの時に患趾(かんし)の付け根の関節に疼痛があるため、その部位への荷重を避けた歩き方をします。罹患(りかん)した中足骨骨頭に一致する疼痛・圧痛・腫脹(しゅちょう)がみられます。趾の軸方向に力を加えると疼痛を訴えます。関節の可動域制限があります。第2中足骨が最も多い傾向にありますが、他の中足骨が罹患する場合もあります。

検査と診断

 ごく初期には単純X線上の異常はありませんが、数週間を経過すると変化が出てきます。2年ほどの経過でX線上では治ってきます。放置例や治療開始が遅れた例では骨頭が変形し疼痛を残します。中足骨疲労骨折、リウマチ性関節炎との鑑別が重要で、X線像が鑑別に有用です。

治療の方法

 足部骨端症のなかでは、フライバーグ病だけが早期診断・早期治療が重要な病気です。中足骨頭を変形なく治癒させることが治療の目的です。そのためには、血行が再開し骨頭が修復されるまで中足骨頭への荷重を避けることが重要です。
 初期の疼痛が強い時期には、3〜4週間ギプスを巻いて荷重を避けます。その後も、罹患した中足骨頭の除圧のための工夫をした靴敷きを、数年にわたって使用します。踵(かかと)の高い靴の使用、ランニングや長時間の歩行などは厳禁です。関節に障害を残した例や治療開始が遅れた例では、手術治療も考慮されます。