扁平足とはどんな病気か

 扁平足とは足の裏の「土踏まず」がない状態の足をいいます。土踏まずがないだけでなく、立っている時に後ろから見ると両方のかかとが「ハ」の字になっている、すなわち踵骨(しょうこつ)が外反している場合には外反扁平足といいます。重症の場合には足の内側だけで接地し、足の外側が浮いてしまう例もあります。
 扁平足には体重をかけていない時に土踏まずがある軟らかい扁平足と、体重をかけていない時にも土踏まずがない硬い扁平足があり、多くの場合は前者です。
 前者では体重をかけて立ったり、歩いたりすると土踏まずがなくなりますが、通常は3〜4歳ころまでに何も治療しなくても治ります。しかし、そのころを過ぎても治らない場合には、アーチサポート(足底挿板(そくていそうばん))や治療靴による装具療法を行います。さらに装具療法を行っても治らない場合には手術を行うことがありますが、手術が必要となる場合は極めてまれです。
 一方、硬い扁平足の場合には先天性垂直距骨(すいちょくきょこつ)や足根骨癒合症(そくこんこつゆごうしょう)による場合があり、先天性の病気を合併していないかどうか精密検査をする必要があるとともに、手術を要することになります。

症状の現れ方

 扁平足では一般的に足の変形以外には無症状ですが、「転びやすい」、「疲れやすい」、「足を痛がる」、「歩き方がおかしい」など多彩な症状を訴える場合もありますので、そのような場合にはほかの病気による症状の可能性がないかどうかを病院で診察してもらう必要があります。

検査と診断

 診断は外観上の変形から容易ですが、骨の状態を把握してこの病気の重症度を判定するためにはX線検査が必要です。通常、立って体重をかけた状態で撮影します。

手術の方法

 手術は整形外科で行いますが、骨に操作を加えずに腱や靭帯(じんたい)を移行する手術やアキレス腱を延長する手術のほかに、骨に操作を加えて関節を固定する手術や骨切り術などが選択されます。手術によって得られる効果と起こりうる合併症とを認識して手術にのぞむことが重要です。