伝染性紅斑(リンゴ病)とはどんな病気か

  • 両方の頬に紅斑(リンゴのようにみえる)ができることを特徴とする学童期の急性ウイルス性疾患です。

伝染性紅斑(リンゴ病)の原因は何か

  • ヒトパルボウイルスB19という小さなウイルスが原因です。
  • 学童期(6〜12歳)にかかることが多く、冬から春にかけて、施設、学校で流行性に発生します。
  • 経気道感染といわれ、発疹が現れた時には伝染力はないといわれています。

伝染性紅斑(リンゴ病)の症状の現れ方

図49 伝染性紅斑の蝶形紅斑
  • 16〜17日の潜伏期のあと、頬部に紅い斑状丘疹(はんじょうきゅうしん)が現れます。
  • 発疹は融合し、両頬は平手打ち様、リンゴ様のびまん性(広がりのある)紅斑になり、ちょうど蝶が羽を広げたように見えます(図49)。
  • 1〜2日後から上肢、大腿の順に紅斑が現れ、発疹の中央が退色して大理石紋様、レースのような編み目状あるいは地図状皮疹になります。
  • 発疹はかゆみを伴い、日光、温熱により再び現れることがあります。
  • 2〜3週の経過で治ります。
  • 慢性溶血性(ようけつせい)貧血の患児では、本症により骨髄無形成発作(こつずいむけいせいほっさ)を起こすことがあります。
  • 妊婦がかかった場合では、胎児が感染し、胎児水腫(たいじすいしゅ)を起こして妊娠の継続が困難になることがあります。

伝染性紅斑(リンゴ病)の検査と診断

  • 末梢血白血球数が減少傾向になり、網状赤血球も減少し、消失します。
  • 診断は通常、流行状況、学童の感染が多いこと、顔面の蝶形紅斑などが認められれば困難ではなく、検査をすることはありません。
  • 多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)、じんま疹薬疹など、斑状丘疹性疾患との区別を要することがあります。

伝染性紅斑(リンゴ病)の治療方法

  • この原因ウイルスの特効薬はありません。
  • 必要に応じて対症療法を行いますが、予後は良好です。

伝染性紅斑(リンゴ病)に気づいたらどうする

  • 発疹が現れた時にはウイルス排出はなく、伝染力はありませんが、発疹が消えてから登校したほうがよいでしょう。
  • 予防法はありません。
伝染性紅斑(リンゴ病)

伝染性紅斑(リンゴ病)とは、両方の頬に紅斑(リンゴのようにみえる)ができることを特徴とする学童期の急性ウイルス性疾患です。 ヒトパルボウイルスB19という小さなウイルスが原因です。学童期(6〜12歳)にかかることが多く、冬から春にかけて、施設、学校で流行性に発生します。経気道感染といわれ、発疹が現れた時には伝染力はないといわれています。

【子どもの発疹】熱はある?ない? それぞれの原因と対処法

体の表面に発疹ができるとかゆみが気になって、落ち着いていられないですよね。大人でもそうなのですから、子どもならなおさらです。子どもの病気には、発疹が出るものがたくさんあります。なかには他人に感染するものもありますから、速やかに対処することが必要です。では、子どもの発疹にはどのような病気が原因となっているのでしょう。ここでは発熱の有無で大きく分けて、考えられる主な病気を紹介します。