咽頭結膜熱(プール熱)<子どもの病気>の症状の現れ方

 潜伏期間は5〜7日で、まず高熱で発症し、その後、のどの症状(咽頭炎)と、眼の症状(結膜炎)の両方が現れます。発熱は4〜5日続きます。眼の症状は一般的には片方から始まりますが、多くの場合はもう一方にも広がります。また、頭痛や吐き気、腹痛や下痢が起こることもあります。夏、プールで流行することが多いので、プール熱とも呼ばれます。

咽頭結膜熱(プール熱)<子どもの病気>の診断と治療の方法

 アデノウイルスの特効薬はありません。治療はそれぞれの症状に対する対症療法が中心になります。経過中は水分や栄養の補給に注意が必要です。結膜炎が強い場合は眼科での治療が必要になります。