ヘルパンギーナとはどんな病気か

 夏かぜ疾患のひとつで、熱とともに口腔粘膜に水疱(すいほう)、潰瘍ができ、痛みのため飲んだり食べたりすることが普段より落ちる病気です。夏季(主に4〜10月ころ)に多く、幼児を中心に流行します。

原因は何か

 主にコクサッキーA群ウイルスによります。ポリオウイルスやエコーウイルスと同じグループで、これらをまとめてエンテロウイルス、腸管ウイルスとも呼びます。

症状の現れ方

 経口、経気道感染でウイルスが侵入し、3〜6日の潜伏期ののち、急に高い熱が出て発病します。熱は1〜4日続き、口蓋弓(こうがいきゅう)、軟口蓋(なんこうがい)、口蓋垂(こうがいすい)に小さな水疱ができ、破れると1〜4mm程度の潰瘍をつくります。これらは4〜6日で治りますが、この間、痛みを伴うことが多く、食欲不振や不機嫌になり、よだれが出ます。
 高熱が続いたり、機嫌が極めて悪くなったり、何かいつもとかなり違うような時には、無菌性髄膜炎(むきんせいずいまくえん)を合併していることもあるので注意が必要です。

検査と診断

 診断に役立つ特別の検査はありません。夏の流行期に口内所見が認められれば診断できます。

治療の方法

 このウイルスに対する特効薬はありません。対症療法が中心になります。

ヘルパンギーナに気づいたらどうする

 すぐに小児科医の診察を受けてください。口のなかが痛くて食べることや飲むことが難しくなります。とくに高熱や飲むことができなくなるため、脱水症に注意してください。刺激の少ない、固くない物、たとえばヨーグルトやアイスクリームなどを与えてください。