急性灰白髄炎(ポリオ)<子どもの病気>の症状の現れ方

 感染者の90%以上が無症状に経過し、数%に発熱、感冒様(かんぼうよう)症状、下痢、無菌性髄膜炎(ずいまくえん)が発症します。症状が現れた人の5人に1人程度、とくに年長児や成人で解熱の前後に麻痺が現れます。麻痺は片側の下肢に多く、筋肉も萎縮(いしゅく)してきます。

急性灰白髄炎(ポリオ)<子どもの病気>の診断と治療の方法

 ウイルス検査と抗体検査で診断します。
 有効な治療薬はなく、ワクチンによる予防が必要です。現行の生ワクチンは前記のように麻痺を起こすことがあるので、不活化ワクチンが検討されています。