日本脳炎<子どもの病気>の症状の現れ方

 頭痛、全身倦怠感(けんたいかん)などで始まることもありますが、多くは突然発熱し、2〜3日で頭痛、嘔吐、けいれん、意識障害へと進行します。

日本脳炎<子どもの病気>の診断と治療の方法

 ウイルスを抑える薬はありませんので、脳の水を引かせたり、けいれんを抑えたり、脳の酸素消費を抑えたりする薬で治療します。