猫ひっかき病<子どもの病気>の症状の現れ方

 典型例では、ネコにひっかかれた1〜2週後に、主に首のリンパ節がはれてきます。また、多くの例では熱も出ます。合併症はほとんどありませんが、まれに脳症や眼の炎症を起こすことがあります。

猫ひっかき病<子どもの病気>の診断と治療の方法

 バルトネラ菌に対して効果のある抗生剤を使います。自然に治ることも多いのですが、その場合、リンパ節のはれがひくのに数カ月もかかります。