高齢者での特殊事情

 診療で低血圧という場合は、外傷や出血で血圧が急性に低下した場合などを除いて、収縮期(しゅうしゅくき)血圧(上の血圧)が100mmHg以下の状態を指すことが多く、拡張期(かくちょうき)血圧(下の血圧)は考慮に入れないことが通常です。
 血圧が低いことだけでは低血圧症とは呼ばず、立ちくらみ、めまい、全身倦怠感(けんたいかん)、疲れやすい、頭痛、耳鳴り、動悸(どうき)、むかつき、食欲不振、起床困難などの不愉快な症状がある時に、低血圧症として治療の対象になります。低血圧であっても症状がなく、臓器循環(ぞうきじゅんかん)障害もなく、病的な意義の少ない時は体質性低血圧と呼んで区別します。
 低血圧自体は予後がよく、若い時から低血圧の人は長寿の傾向があるのですが、高齢になって若いころと比較して低血圧となり、いろいろな不快な症状が出てきた場合には、重い病気が原因になっている可能性もあるので、かかりつけ医に相談してください。
起立性(きりつせい)低血圧
 起立性低血圧は、低血圧症の症状としてよくみられるものです。立ち上がった時に、立ちくらみ、めまい、時には失神(気を失う)などを含む重い症状を現すことがあり、臨床的には重要な病態です。
 通常、立ち上がる時には下肢の静脈系に血液がたまり、心拍出量が減少して血圧が低下しますが、いろいろな代償機転がはたらき、心臓が送り出す血液の量が瞬時に増し、さらに血管が収縮して血圧が維持されます。この代償機転がうまくはたらかない時に、起立性低血圧を起こします。この時、脳に行く血液が一時的に減少することにより、前記のさまざまな症状が現れます。
 起立性低血圧は、原因が不明の本態性(ほんたいせい)低血圧症の時にもみられます。しかし、中枢神経系、自律神経系、末梢神経などの神経疾患、心不全などの心疾患や、出血、貧血、脱水などで循環している血液の量が減少した時にも起こるので、詳しい検査と適切な治療が必要になります。
 本態性(ほんたいせい)高血圧の場合にも、普段の血圧は高いのに、起立性低血圧が起こることがあります。この原因としては、とくに高血圧のお年寄りでは、自律神経のはたらきが鈍って立ち上がった時の血圧調節がうまくいかないことがあげられます。
 降圧薬によって血圧のコントロールがよくなると、起立性低血圧もおさまることが多いのですが、逆に、血圧コントロールが低くなりすぎても起立性低血圧を起こすことがあるので、降圧薬の量をかかりつけ医にうまく調節してもらう必要があります。

治療とケアのポイント

 お年寄りの場合、低血圧であっても特別な原因が見つからず、従来とほぼ同じ高さの血圧でとくに症状がなく、あるいは症状があっても軽い時は、治療の必要はありません。低血圧の治療の目的は単に血圧を上げるのではなく、症状を改善して生活の質(QOL)を向上することにあります。
 治療の基本は一般療法です。たとえば運動療法(軽い運動、理学療法)、食事療法(塩分を多めに摂取する、高蛋白食など)や、乾布摩擦(かんぷまさつ)などを行います。
 起立性低血圧は、寝ている状態から立つ際に動作をゆっくり行ったり、あるいはいったん座位をとるように心がけることによって、ある程度予防できます。下肢に血液がたまることを防ぐ、弾力ストッキングの着用が有効な場合もあります。
 このような一般療法では効果がみられず、症状が強くてQOLの低下がみられる時には薬物治療を行います。薬剤としては、交感(こうかん)神経(緊張を高める神経)を刺激する薬を用いて血圧を上げます。
 あるいは、体のなかに水やナトリウム(塩分)をためて、循環している血液の量を増やして血圧を上げる作用のあるミネラルコルチコイド製剤を用いることもあります。そのほか、自律神経調節薬や精神安定薬が有効な場合もあります。
 また、降圧薬の過量投与に伴う起立性低血圧では、降圧薬の量をうまく調節することが必要です。お年寄りでは、白衣高血圧(はくいこうけつあつ)といって医師が血圧を測る時だけ高値を示すことも多いので、家庭で血圧を測定することが、降圧薬の量を決める時に参考になります。さらに、降圧薬の種類では、循環血液量を減らす利尿薬(りにょうやく)や、交感神経の反射を低下させるα(アルファ)遮断薬などにより起立性低血圧がみられることがあります。
 いずれにしても、お年寄りでは急な降圧を避けることが大切です。降圧薬は少量から始めて徐々に増量することが必要なので、そのためにはかかりつけ医に日常の様子や家庭での血圧を知らせることが重要になります。