腎不全<お年寄りの病気>の診断と治療の方法

 急性腎不全を発症した場合には、まず体液が減少して脱水状態にあるのか、むしろ体液過剰で溢水(いっすい)状態にあるのかを判断します。脱水による腎前性急性不全では、電解質の数値を参考に、補液の内容を決定し、早期に補液を試みます。
 脱水が改善されたり、溢水の場合には、ループ利尿薬(フロセミド)を静脈注射(静注)します。利尿反応を確認しながら20〜100mgまで増量し、その間、尿量が2倍になれば継続します。ドーパミンの持続投与や心房性ナトリウム利尿ペプチドの投与も有効な場合があり、いずれも静脈投与します。これらは併用も可能です。
 これらの治療法では効果がなく、溢水となった場合、肺水腫(はいすいしゅ)、脳神経症状の出現、高カリウム血症(6mEql以上)、BUNが80mgdl以上、HCO3が15mEql以下の場合は、透析(とうせき)療法が必要です。高カリウム血症は致命的な不整脈を誘発するので、透析を用意する間にも緊急の処置が必要です。
 回復期は大量に尿が出るため、喪失分を考慮した水の補充や電解質輸液を行って、脱水状態にならないように注意します。
 食事療法は、蛋白制限(0・6gkg以下)とカリウム制限(1500mg以下)が重要です。薬物療法として、糖尿病性腎症やIgA腎症ではアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬やアンジオテンシン受容体拮抗薬が腎保護作用を示すので、少量から慎重に投与します。また、血清クレアチニン値が2mgdl以上であれば、サイアザイド系利尿薬は使わないで、ループ利尿薬を使います。
 透析導入後は、合併症防止と日常生活動作(ADL)、生活の質(QOL)の維持、社会生活復帰が主体になります。したがって、食事療法も各種の制限は緩和されます。蛋白制限は血液透析(HD)で体重1kgあたり1・0〜1・2g、腹膜透析(CAPD)では1・1〜1・3gとなります。カリウム制限は、HDでは1500mg以下と薬物療法が必要ない保存期腎不全と同じですが、CAPDでは2000〜2500mgに緩和されます。
 薬物療法は500mlの利尿が保持されていれば、体液管理の目的でループ利尿薬を使用します。