悪性リンパ腫とはどんな病気か

  • 悪性リンパ腫は、リンパ組織ががん化して起きる病気です。
  • リンパ節に発生することが多いのですが、どの臓器にもリンパ組織があるため、咽頭、甲状腺(こうじょうせん)、肺、胃腸、脾臓(ひぞう)、脳脊髄(のうせきずい)など、リンパ節以外のさまざまな臓器・部位にも発生します。
  • 高齢者でより頻度が高い腫瘍です。
  • 主な症状はリンパ節のはれ・しこりや圧迫感で、頸部(けいぶ)、腋(わき)の下、股の付け根のリンパ節がはれることです。
  • 通常は進行性で痛みがありません。
  • 触知できるリンパ節以外に発生した時は、原因不明の体重減少、38℃以上の発熱、激しい寝汗、骨痛、意識障害など、全身的な症状として現れることがあります。
  • 原因はまだ不明ですが、一部でウイルス(HTLV‐1、EBV、HHV8など)や、ヘリコバクター・ピロリ菌(HP菌)が関与することがわかっています。

悪性リンパ腫の検査と診断

  • リンパ節や腫瘤(しゅりゅう)の一部を試験的に切除して、病理検査をすることで診断されます。
  • 最近は染色体や遺伝子の異常も加味されています。
  • 悪性リンパ腫は、ホジキン病と非ホジキン病(NHL)の2つがあります。
  • NHLはB細胞型とT細胞型に大別され、それぞれが多くの組織型に分かれています。
  • 日本人には非ホジキンリンパ腫が多くみられます。
  • 腫瘍の広がりをみるために胸腹部CT、PET、骨髄(こつずい)検査なども必要です。
  • 病気の広がりの程度により4つの病期に分けられます。
  • 高齢者では、半数以上が診断時にIII〜IV期まで進行しています。

治療とケアのポイント

  • 代表的な化学療法としては、3種類の化学療法剤(エンドキサン、アドリアシン、オンコビン)に副腎皮質ホルモンを組み合わせるCHOP療法があります。
  • び慢性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)では、抗体療法(リツキサン)の併用が標準療法になっています。
  • 患者の状態、病院によって違いがありますが、入院は最初だけで、その後の多くは外来で治療します。
  • また、腫瘍が頸部など局部に限られている場合は、放射線療法だけを行います。
  • HP菌が関与するMALTリンパ腫の多くは、初めの除菌だけで治療します。
  • 治療成績は病期、年齢、身体的自立度(PS)、組織型、血清LDH値、節外腫瘍の数などにより影響を受けます。
  • NHLの約半数を占めるDLBCLでは、高齢者でも、完全寛解(かんかい)(腫瘍が消失すること)率は60%以上、4年以上生存する割合は50%以上の報告が多く、5年以上の長期生存率も、一部の予後不良群を除けば、ほぼ変わりません。
  • 早期に発見・診断し、元気なうちに治療を開始すれば治すことが可能な疾患です。
  • 異常なぐりぐりを触れたら早めに受診することが大切です。

自宅での注意

  • 普通の生活や食事が可能ですが、治療中は白血球が減少していたり、免疫が抑えられたりして感染症にかかりやすくなっています。
  • また、完全寛解になっても再発することがあります。
  • 高熱が出たり、しこりや体重減少などの異常を感じたら、早めに病院を受診しましょう。
  • 治療してから数年経過して骨粗鬆症が進行し、脊椎圧迫骨折などを起こすことがあります。
  • とくに閉経後の女性は早くから予防対策が必要です。
悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫)

からだのなかには、リンパ管という細い管のネットワークが張り巡らされています。リンパ管は、全身に網の目のように広がっている細いリンパ管(毛細リンパ管)が、合流しながら太くなっていきます。悪性リンパ腫はこのリンパの組織が悪性化し、次第に全身の臓器を侵していく病気です。