乳腺症<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 30代後半から閉経期にかけて、乳腺の疼痛や腫瘤(しゅりゅう)の触知、乳頭分泌など多様な症状を示します。乳がんとの区別が重要です。乳腺症の症状が最も著しいのは、月経直前です。症状が多様なだけに素人判断は危険です。

乳腺症<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 乳腺症は、治療の対象にはなりません。しかし、乳腺症は乳腺全体に及ぶ生理的変化のために、万一、乳がんが発生した場合に早期発見の妨げになります。
 すなわち乳腺症の著しい乳房は、触診しても大小さまざまの腫瘤に触れるために、画像診断などを併用して乳がんを見落とさないように注意しなければなりません。
 生検などによって増殖性所見が認められた場合は、乳がん発症のリスクが高くなります。