乳管内乳頭腫<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 多くの例で乳頭分泌が自覚症状となります。分泌物は茶褐色ないし赤い血性のものであり、分泌量は下着に付着する程度から大量に乳汁様に出るものまでさまざまです。また、最近では乳がん検診の際に超音波で腫瘤(しゅりゅう)として発見されることも多くなってきました。分泌物が乳腺内にたまると腫瘤として触れるものもあります。

乳管内乳頭腫<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 乳管内乳頭腫であると診断されたら、経過観察が原則です。非浸潤性乳管がんとの区別が難しい疾患であること、将来乳がんを発症するリスクが高いことを考えると、定期的な乳がん検診が欠かせません。予防的な乳房切断は必要ありません。