チョコレート嚢胞<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 症状としては月経痛、慢性骨盤痛、性交痛などの疼痛があるほか、不妊症の原因にもなります。まれですが、破裂した場合は激痛を伴います。また、卵巣がんが発生することもあります。

チョコレート嚢胞<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 手術療法または薬物療法を行います。小さなものに対しては、低用量ピル、ダナゾール(ボンゾール)、GnRHアナログ、ジエノゲスト(ディナゲスト)といったホルモン療法だけで有効なこともありますが、一定の大きさ(直径5cm程度)以上のものでは手術療法が必要です。薬物療法は薬によって特有の副作用を伴うことが多いので、使用前に十分に副作用の説明を受けておくことが大切です。
 手術療法には、開腹手術と腹腔鏡手術(おなかに小さな孔(あな)をあけて内視鏡を使って行う)があります。いずれの手術においても卵巣ごと摘出する全摘術と、嚢胞だけを摘出して卵巣実質を残す核出術(かくしゅつじゅつ)があります。核出術の場合は、一般に2〜3割の再発の可能性があります。ただし、小さなもので症状がまったくない場合は経過観察だけでもよいでしょう。