骨盤腹膜炎<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 急性期には、下腹部全体に及ぶ持続性の痛みや膿性帯下、悪寒(おかん)・震えを伴う発熱などが認められます。腹膜刺激による悪心(おしん)・嘔吐も認められます。
 慢性期に移行すると、骨盤内の臓器が癒着(ゆちゃく)を起こし、下腹部痛、腹部膨満感、下痢、便秘などがみられます。

骨盤腹膜炎<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 急性期には原因菌に合った抗生剤療法を行います。
 膿瘍や卵管留膿腫(らんかんりゅうのうしゅ)を合併していて、これらが抗生剤療法で効果がない場合、外科的処置が必要になります。
 慢性期には、疼痛、排便などの症状に対症療法が行われます。