子宮肉腫<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 不正性器出血(月経以外や閉経後の性器出血)、帯下(たいげ)の増加、下腹部の違和感や腫瘤感(しゅりゅうかん)、腹痛などがみられます。しかし、子宮筋層に限られる初期の子宮肉腫は、ほとんど症状を来しません。子宮筋腫が急激に大きくなったり、閉経後にもかかわらず筋腫や子宮が大きくなった時には、肉腫が疑われます。

子宮肉腫<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 子宮全摘術と両側付属器(卵巣と卵管)摘出術が基本的な治療法です。リンパ節の生検あるいは郭清(かくせい)(きれいに取り除く)は、必要に応じて行われます。手術後には化学療法や放射線療法が追加されます。
 再発の治療や肉腫が進行していて手術が不可能な場合には、化学療法や放射線療法が行われます。組織型によって、ホルモン療法が有効な場合があります。