小児外陰炎<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 症状は、下着の汚れで気づくことが多く、外陰部のかゆみや痛み、時に排尿時の痛みなどの症状がみられます。また、自覚症状がなくても、外陰部の腫脹(しゅちょう)や発赤が観察されることがあります。

小児外陰炎<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 原因菌に応じて治療を行います。一般細菌であれば、入浴時などによく陰部を洗って清潔にするだけでも効果があります。抗生剤含有軟膏(ゲンタシン軟膏)や抗生剤含有腟錠(クロマイ腟錠)も用いられます。