腟壁裂傷<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 分娩直後から腟壁裂傷部位の持続的な出血があります。時に急速・多量出血となり、極端に血圧が下がるなどのショックとなる場合もあります。

腟壁裂傷<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 裂傷の程度にもよりますが、多くは縫合処置を必要とします。局所麻酔下でも可能ですが、裂傷が広範な場合は、全身麻酔下で十分に腟を観察することが必要になります。縫合処置ができない場合は、ガーゼで腟壁裂傷部位を圧迫したり、腟壁裂傷部位にドレーンを留置することもあります。