機能性出血<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 治療は患者さんが苦痛を訴えている場合や貧血などが合併している場合に必要になりますが、軽度のものは経過観察だけです。
 短期的な治療としてはエストロゲン・プロゲストーゲン合剤の投与が有効なことが多く、結合型エストロゲンの静脈注射を行うこともあります。機能性出血を繰り返す無排卵周期のものでは、排卵誘発が長期的に有効な場合もあります。