月経困難症<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 症状は月経に伴う下腹部痛、腰痛、頭痛、下痢、発熱、悪心(おしん)、嘔吐などです。

月経困難症<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 器質的疾患が原因の場合は、その疾患の治療を行います。機能性月経困難症では、軽度であれば鎮痛薬の投与による経過観察でよいでしょう。
 鎮痛薬としては主としてプロスタグランジンの合成阻害作用をもつポンタール、ロキソニン、ボルタレンなどの非ステロイド性鎮痛薬(NSAID)を月経前から投与します。漢方薬が有効な場合もあります。
 さらに、程度の強いものに対しては、低用量ピルの投与により、月経量が減るのと同時に症状が改善することが多いようです。低用量ピルは器質的疾患を伴う場合にも有効なことが多いようです。
 手術療法としては、腹腔鏡を使った仙骨子宮靭帯(せんこつしきゅうじんたい)切断により靭帯内の求心性(きゅうしんせい)神経を切断する方法や、仙骨前面の神経叢(そう)を切断する方法もあります。子宮全摘術や卵巣摘除術が必要になることもあります。