正常分娩

 正常分娩は頭位(とうい)(胎児の頭が下方にある、正常胎位(たいい))の胎児が以下に述べるような経過にしたがって腟を経て娩出(べんしゅつ)された場合をいいます。

分娩1期

 正常分娩は陣痛(じんつう)の発来(はつらい)で始まります。規則的な子宮の収縮で子宮口が開き、胎児の頭の下降が認められ、陣痛の周期が10分以内、または1時間に6回以上の陣痛が認められた場合を、陣痛発来とします。陣痛の周期は次第に短くなり、持続時間は長くなっていきます。また、強度も増します。ただし、陣痛のない間欠期は必ず存在します。
 陣痛に伴い、子宮口は次第に短くなり、同時に開大していきます。子宮口が10cmに開大した時を全開と呼びます。このころには、陣痛周期は2〜3分、持続時間は40〜50秒になります。陣痛発来から子宮口全開までを分娩1期と呼びます。分娩1期は初産の場合で平均10時間、経産婦で5時間くらいです。

分娩2期

 通常、子宮口が全開すると破水(はすい)が起こり、羊水(ようすい)が流れ出します。胎児は、骨盤内の子宮頸管(けいかん)、腟(産道)を下降し、頭、次いで躯幹(くかん)が娩出されます。この時点が出生時刻になります。子宮口開大から胎児娩出までを、分娩2期と呼びます。分娩2期は、初産で平均2時間、経産婦で平均1時間です。

胎児の回旋

 胎児は狭い産道を通過するために、頭部が変形し、特徴的な回旋(かいせん)を行います。まず頭部は、頭蓋骨のうち、後頭骨(こうとうこつ)が左右頭頂骨(とうちょうこつ)の下に潜り込み、さらに左右の頭頂骨が正中で重なりあって(骨重(こつじゅう))、頭の断面積が小さくなります。胎児は骨盤内に入り込むために、うつ向いて小泉門(しょうせんもん)が先頭になり、通過断面積をできるだけ小さくします(第一回旋)。
 胎児の頭は前後に長く、骨盤入口部は左右に長いため、胎児の頭は左右いずれか横を向いて骨盤に入ってきますが、骨盤出口部は前後に長いため、胎児の頭はこれに合わせて回旋し、小泉門が母体前方に位置する矢状縫合縦(しじょうほうごうじゅう)の状態になり、胎児の顔面が母体後方を向くように回旋します(第二回旋)。
 さらに骨盤出口部では、母体後方の仙骨(せんこつ)の弯曲(わんきょく)に合わせ、胎児の頭は反り返り(第三回旋)、これにより胎児の頭がスムーズに娩出されます。胎児の頭が娩出される段階になると、胎児の肩が骨盤に入ってきますが、肩は左右に長いので、躯幹の下降とともに、肩も母体前後方向に回旋します。これに合わせ、娩出された胎児の頭も横を向き(第四回旋)、肩、躯幹と娩出されて、胎児が出生します。
 この4つの回旋のどれかひとつでも正常にいかないと、分娩停止(ぶんべんていし)や分娩遷延(ぶんべんせんえん)といった異常を引き起こします。また、胎児が外陰を通過する際、会陰(えいん)の伸展性が悪い場合は、会陰を切開し、胎児がスムーズに娩出されるようにする場合があります。胎児が娩出されると、臍帯(さいたい)の拍動はすみやかに止まり、胎児から胎盤への血流が止まります。臍帯を切断して、胎児の娩出は完了します。

分娩3期と4期

 胎児娩出から数分すると、子宮の持続的な強い収縮(後陣痛(こうじんつう))が始まり、これに合わせて胎盤が子宮壁からはがれて出されます(後産(こうざん))。胎児娩出から、胎盤娩出(たいばんべんしゅつ)までが分娩3期です。正常な例では数分以内です。
 胎盤が出たあとは後陣痛が続かないと、胎盤剥離面(たいばんはくりめん)から大出血することがある(弛緩出血(しかんしゅっけつ))ので、2時間ほど経過を観察します。この時期を分娩4期と呼ぶことがあります。分娩1期と2期を合わせ、初産婦で30時間以内、経産婦で15時間以内が正常の分娩時間です。