切迫流産<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 少量の子宮出血が断続的にみられるという形が大半です。出血量は多いほうが流産の可能性が大きく、下腹部痛を伴うこともあります

切迫流産<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 特別な治療法はなく、出血がある間は安静にしておきます。止血薬が処方されることもありますが、直接に流産を予防する効果は確認されていません。子宮収縮が強く、痛みを伴う場合は、対症的に子宮収縮抑制薬を使うこともあります。