前期破水とはどんな病気か

 陣痛がまだ起こっていない段階で卵膜(らんまく)が破れ、羊水が子宮外に流れ出ることを前期破水といいます。
 破水は普通は分娩の途中で起こることが多いのですが、正期産(妊娠37週〜41週末まで)の場合でも陣痛が始まる前に破水してしまうことが約30%の例でみられます。したがって前期破水自体はそれほど病的なこととはいえません。
 しかし、胎児が子宮外で自立して生存する能力を獲得する以前の早産時期に破水が起こると、胎児は、子宮頸管(けいかん)と腟を介して外界と直接に接することになり、感染の危険が生じることになります。
 ほとんどの例では破水後、短時間のうちに自然陣痛が始まることになります。このため、早産時期の破水は未熟な子の出生という深刻な結果を引き起こします。

原因は何か

 正期産の時期の破水はとくに原因がない場合もあります。早産時期の破水は、産道感染やそれに続く子宮内感染、卵膜や胎盤の感染(絨毛膜羊膜炎(じゅうもうまくようまくえん))のために、炎症が起こり卵膜が弱くなることが、原因として最も多く考えられています。

症状の現れ方

 突然、腟から急激に水のような羊水が流れ出ます。その時、出血を伴ったり、子宮の収縮を感じることもあります。

検査と診断

 腟内の分泌物を検査して、羊水かどうかを確かめます。羊水はアルカリ性なので、それを調べるBTB試験紙で腟内の分泌物の酸性度を調べます。また、羊水に含まれる特殊な物質であるα(アルファ)‐フェトプロテイン、IGFBP‐I、胎児性フィブロネクチンなどを調べる検査キットを用いて検査します。

治療の方法

 破水が確認された場合、それ自体を治す方法はありません。子宮内感染を防ぎ、母子がよりよい状態で出産できるように管理を行う必要があります。
 正期産の時期に前期破水が起こった場合は、母子に無理がかからない範囲で、できるだけ早期に分娩に至るのが望ましいと考えられます。
 早産時期の前期破水の場合は、胎児が未熟な時期には母体および胎児の状態が許すかぎり、妊娠期間を延長するように努めますが、感染の進行、胎児の状態の悪化などが認められれば、分娩の方向で管理することになります。具体的には、腟内洗浄、抗生剤の投与、子宮収縮抑制薬の投与などが行われます。

前期破水に気づいたらどうする

 破水と同時に、胎児の状態が急激に悪化する場合があります。また破水後、比較的短時間のうちに子宮内感染が進行してしまう場合があります。破水の心配があると感じたら、すぐにかかりつけの産婦人科に連絡し、破水かどうか検査する必要があります。