微弱陣痛<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 陣痛が始まったあとも、陣痛があまり強くならないまま時間が経過し、内診上、分娩の進行が認められません。母体の疲労のみがたまっていきます。

微弱陣痛<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 子宮頸管(けいかん)が未熟で母子の状態が良好な場合は待機します。子宮頸管が成熟している場合は陣痛促進薬(オキシトシンまたはプロスタグランジンF2α(アルファ)の点滴、あるいはプロスタグランジンE2錠)を用いて陣痛を強め、分娩の進行を図ります。