回旋異常<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 陣痛が持続しているのに分娩が進行しない場合、回旋異常の有無を検討する必要があります。時間とともに陣痛が弱くなって微弱陣痛になってしまう場合、また逆に強くなって過強(かきょう)陣痛になってしまう場合もあります。

回旋異常<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 回旋異常になっても骨盤に十分な広さがあり十分な陣痛があれば分娩の進行が可能なことも多いのですが、分娩の進行が認められない場合は、経腟(けいちつ)分娩をあきらめ、帝王切開による分娩を行います。