子宮頸管裂傷<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 胎児の娩出後、胎盤剥離(たいばんはくり)の徴候が認められる前から、大量の持続的な出血が起こります。

子宮頸管裂傷<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 内診と視診によって診断できます。早期に診断し、縫合止血、修復を行う必要があります。