胎児仮死(胎児ジストレス)とはどんな病気か

 胎児仮死は、胎児の環境が悪化して低酸素とアシドーシスの状態になり、胎児が苦しくなった状態とされていましたが、1997年版『日本産科婦人科学会用語集』では胎児仮死を「胎児ジストレス(fetal distress)」と呼び方を変え、次のように定義しました。 「胎児が子宮内において、呼吸ならびに循環機能が障害された状態をいう。妊娠中・分娩中のいずれの場合にもみられるが、顕性(けんせい)と潜在性(せんざいせい)(latent)に分類される。顕性の場合は胎児心拍数基線の異常を来すが、潜在性の場合は子宮内胎児発育遅延を伴うことが多く、また母体の尿中E3(エストリオール)値など、化学的方法で推定される場合のほか、各種負荷試験(オキシトシン投与など)により顕性となるものをいう。」
 名称が変わった背景には胎児仮死の言葉が、死に直結したり中枢神経障害の原因になるかのような印象を与えるということがあります。

原因は何か


(1)母体因子

 出血、仰臥位(ぎょうがい)低血圧症候群、麻酔、降圧薬投与などによって母体が低血圧状態になり、絨毛間腔(じゅうもうかんくう)の循環血液量が減少します。心疾患、呼吸器疾患などによる低酸素血症など
(2)子宮因子
 陣痛の異常(過強陣痛)、子宮破裂など
(3)臍帯(さいたい)因子
 臍帯の下垂(かすい)・脱出、強度の巻絡(けんらく)、過捻転(かねんてん)、真結節、臍帯卵膜付着などの臍帯異常などのほか、羊水過少などに伴う臍帯圧迫も原因となります。
(4)胎盤因子
 妊娠中毒症(にんしんちゅうどくしょう)、過期妊娠、SLE(全身性エリテマトーデス)などによる高度の胎盤の梗塞(こうそく)や発育不全、常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)など
(5)胎児因子
 胎児貧血、先天性心疾患など

症状の現れ方

 胎児の一過性頻脈(いっかせいひんみゃく)、呼吸様運動、筋緊張による胎動の抑制などがあります。また、慢性的な低酸素状態から、胎児の腎臓への血流が減って尿量も減り、羊水の量も減ります。これらは次項の検査でわかります。

検査と診断


(1)妊娠中の胎児仮死の診断
a.ノンストレステスト(NST)

 結果が一過性頻脈を認める所見であれば問題はありませんが、一過性頻脈の消失、持続性頻脈、徐脈(じょみゃく)の出現、基線細変動の減少・消失は異常とされます。
b.超音波ドプラー胎児血流計測
 低酸素状態などで胎児循環が悪化すると、臍帯動脈では末梢での血管抵抗が上昇し、拡張期血流の減少によりRI(resistance index:血管抵抗を反映する指数)が上昇します。さらに循環不全が進行すると、拡張期血流の途絶・逆流が認められます。
c.バイオフィジカル・プロフィール・スコアリング(BPS)
 超音波断層法とNSTにより胎児の健康状態を評価する方法です。各項目は胎児の低酸素症の状態を反映しています。10点満点で、スコアが低いほど胎児の状態が悪いと考えられます。
d.胎児血採血
 分娩開始前は臍帯穿刺(さいたいせんし)、分娩開始後は児頭末梢血採取(じとうまっしょうけつさいしゅ)が行われます。ただし、ともにリスクが大きいので、診断の目的のみで行うことはまれです。
e.生化学的胎児胎盤機能検査
 母体の尿中のE3値は、その代謝の過程である胎児の副腎・肝臓や胎盤の機能を表します。またhPL(胎盤性ラクトーゲン)は、胎盤の合胞体栄養細胞より分泌される物質で、胎盤機能の指標です。そのほか、さまざまな胎盤由来の酵素も胎盤機能不全の目安になります。これらの検査は、胎児の状態を直接反映するものではなく、別の方法でも評価が可能なため、補助的な診断として位置づけられています。
(2)分娩時の胎児仮死の診断
 胎児の心拍数図(CTG)により評価されます。持続性徐脈、遅発一過性徐脈(ちはついっかせいじょみゃく)、高度変動一過性徐脈、心拍数基線細変動の消失によって診断されます。

治療の方法


(1)分娩開始前

 胎児の状態が悪化していると疑われる場合には、主にNSTと超音波診断法により、胎児の状態を厳重にモニタリングします。
 原因が予測される場合は、原因となる疾患に対する治療を行いますが、その処置によっても改善が認められない場合や改善の見込みがない場合には、急速な分娩が必要で、ほとんどが帝王切開術となります。
(2)分娩開始後
 母体に酸素吸入を行います。臍帯因子が主要因と考えられる場合には、母体の体位変換を試みます。破水に伴って羊水の減少がある場合には、羊水注入をすることがあります。回復が見込めなければ、急速に分娩します。
 経腟(けいちつ)分娩が可能であれば、鉗子(かんし)もしくは吸引分娩を行いますが、経腟分娩に時間を要するようであれば、帝王切開術にします。帝王切開術の場合は、胎児のストレスを減らすために陣痛抑制薬の投与を考慮します。

胎児仮死(胎児ジストレス)に気づいたらどうする

 入院して、原因をさがしながら胎児の状態が厳重にモニターされます。母子の状態の経過によって、妊娠を継続するか分娩するか、分娩するのであればその方法が決定されます。