後陣痛<女性の病気と妊娠・出産>の症状の現れ方

 産褥数日間にみられる子宮に一致した下腹部痛で、経産婦に症状が強いのが特徴です。授乳により痛みは増します。

後陣痛<女性の病気と妊娠・出産>の診断と治療の方法

 後陣痛そのものは子宮の回復における生理的現象でもあり、望ましい産褥経過ですが、痛みの強さや痛みへの感受性は人によって異なります。産婦が後陣痛のもつ意義を十分に理解し、痛みから生じる不安が解消できれば特別な治療を要しないこともあります。
 痛みが強くて産後の子宮の回復が良好と判断される場合には、子宮収縮剤の投与を中止します。投与の中止によって疼痛は軽くなります。それでも痛みが強い場合には、抗炎症薬を抗生剤とともに処方されることが多いようです。