外傷性くも膜下出血<外傷>の症状の現れ方

 激しい頭痛や嘔吐、あるいは意識障害などが受傷時から現れます。脳挫傷の局所の症状として、半身の麻痺(片麻痺(かたまひ))、半身の感覚障害、言語障害、けいれん発作などがみられることもあります。
 びまん性軸策損傷に伴う場合は意識がなく、重症例では出血は少量であっても、脳の深部にある生命維持中枢(脳幹(のうかん))が直接損傷を受けているため、呼吸ができなくなったり急死することがあります。

外傷性くも膜下出血<外傷>の診断と治療の方法

 くも膜下出血を手術で取り除く効果はほとんどないため、手術は通常行われません。出血は自然に吸収されます。
 合併する脳挫傷によって頭蓋骨の内側の圧が上昇している場合(頭蓋内圧亢進(ずがいないあつこうしん))は、それに対する治療が行われます。
 予後は合併する脳損傷(脳挫傷やびまん性軸策損傷)の有無と程度によります。時に脳脊髄液の流れが滞って、あとから外傷性正常圧水頭症(がいしょうせいせいじょうあつすいとうしょう)を来すことがあります。