眼窩底骨折とはどんな外傷か

 前方から鈍的(どんてき)外傷を受けた場合、眼球周囲の骨折(最も薄い眼窩底が多い)を生じ、眼球の運動障害、眼球陥没(がんきゅうかんぼつ)、複視(ふくし)(物が二重に見えること)などを生じます。

原因は何か

 多くはスポーツ(とくに球技)、ケンカ、転倒や交通事故で起こります。

症状の現れ方

 眼球運動障害(とくに上方に眼を動かすことができない障害が多い)に伴う複視、眼球陥没、血性の鼻汁、皮下気腫(ひかきしゅ)などですが、眼球自体の障害は比較的少ないことが多い傾向にあります。

検査と診断

 単純X線、CT、MRIなどの画像診断を行います。また、ヘス赤緑試験などで眼球運動障害の程度を把握します。

治療の方法

 早期に陥入組織の整復手術を行います。手術を行わずに経過を観察する場合もあります。