眼窩底骨折<外傷>の症状の現れ方

 眼球運動障害(とくに上方に眼を動かすことができない障害が多い)に伴う複視、眼球陥没、血性の鼻汁、皮下気腫(ひかきしゅ)などですが、眼球自体の障害は比較的少ないことが多い傾向にあります。

眼窩底骨折<外傷>の診断と治療の方法

 早期に陥入組織の整復手術を行います。手術を行わずに経過を観察する場合もあります。