角膜・結膜異物とはどんな外傷か

 救急外来を受診することの多い疾患のひとつですが、原因や異物の種類は多岐にわたっています。早急に異物を除去し、感染を防ぐことが重要です。

原因は何か



 代表的な角膜異物のひとつに、鉄工所などでの作業中に保護眼鏡なしでグラインダーなどを使っている時に飛び込んでくる鉄片異物があります。家庭では、スクラブ洗顔剤などの飛入による結膜異物などもみられます。そのほか、植物片、小さな昆虫、砂、ハードコンタクトレンズなどさまざまな異物があります(図17)。

症状の現れ方

 主症状は異物感ですが、流涙(りゅうるい)、充血、羞明(しゅうめい)(まぶしい感じ)などを訴えることもあります。

検査と診断

 細隙灯(さいげきとう)顕微鏡でよく観察し、異物を見つけることが必要です。痛みにより眼を開けるのが困難な場合は、点眼麻酔薬を用いたのちに診察を行うこともあります。異物の位置の深さにより角膜穿孔(せんこう)(孔(あな)があく)を示していることもあるため、フルオレセインナトリウムと呼ばれる染色を行って診察することもあります。

治療の方法

 結膜の異物は綿棒やピンセットを用いて容易に除去できますが、細かい砂などの場合は洗眼しながら除去します。角膜の異物は特殊なとがった針などを用いて除去します。
 角膜深層に位置する異物の場合は、手術用顕微鏡の下で処置を行う必要があります。除去することにより孔があいた場合は、治療用コンタクトレンズで圧迫する場合と、ナイロン糸で縫合する場合があります。