外傷性気胸<外傷>の症状の現れ方

 症状は呼吸運動により強まる胸の痛み、息切れ、呼吸困難、胸内苦悶(くもん)などで、時に皮下気腫(ひかきしゅ)を伴うことがあります。
 開放性気胸では、外界の空気が胸壁創を通って自由に胸腔内へ出入りするため、損傷側の肺は高度に虚脱し、呼吸困難やチアノーゼ(皮膚などが紫色になる)を示します。胸部を観察すると胸壁創からの空気の出入りが認められ、傷が小さい場合には呼吸運動に伴い、胸壁創から「しゅっしゅっ」あるいは「ぶーぶー」などの音が聞こえることがあります。

外傷性気胸<外傷>の診断と治療の方法

 気胸が軽度であれば安静臥床(がしょう)のみで軽快するものもありますが、進行した場合には胸腔穿刺(きょうくうせんし)(針を刺す)を行って胸腔内の空気を排除したり、胸腔内にチューブを挿入して持続的に胸腔内を吸引する治療が行われます(胸腔ドレナージ)。
 開放性気胸では、胸腔ドレナージを行ったのち、胸壁創を縫合閉鎖します。