肝臓損傷<外傷>の症状の現れ方

 肝臓損傷に特異的な症状はないため、外傷機転(がいしょうきてん)(原因)、右側胸部から側腹部にかけての打撲痕(だぼくこん)や右上腹部の圧痛などがみられるならば、肝臓損傷を疑って診断をすすめます。

肝臓損傷<外傷>の診断と治療の方法

 輸液の投与により血圧が安定すれば保存的治療を選択します。造影CTにより造影剤の漏れがみられる時には、患者さんを血管撮影室に移して、出血の原因になっている肝臓動脈の塞栓術(コイルなどを用いて出血している動脈を詰めて止血する方法)を行います。大量の輸液投与によっても血圧が不安定な時には手術を選択することになります。
 患者の状態が不安定な時(低体温、凝固異常、代謝性アシドーシス)には、最も簡単な術式(ダメージコントロール)を選択し、状態が改善してから根本的治療を行わなければなりません。